会社で作ったクレジットカードの話

  • 投稿日:
  • by

会社に入社してすぐにクレジットカードを作りました。会社に勧められて作ったもので、会社関連のものをそのクレジットカードを使って購入すると安くなるという機能つきのものでした。年会費は無料でクレジットカードを持っていなかったで丁度いいと作ったのですが、会社関連のものにクレジットカードを使う事はなく、数年経って退社した後もそこのお店は一切使っていないので、完全に死に機能となっています。特典として割引券も送られてきますが、利用をしないために知人にあげている状態となっています。ポイントは使用する事に溜まっていっているので、それは有効的に使っていますが正直別の機能のついたカードに変えられないかなと思っています。

数百枚以上あるクレジットカードの中でも、特にオススメ度が高いのが楽天カードです。顧客満足度もさることながら、とにかくメリットが盛りだくさん。年会費無料でありながら最高2000万円の海外旅行保険が付帯し、ポイント還元率も1%と高水準で、Edyやnanaco、モバイルsuicaといった電子マネーの利用とも相性が良いです。またさまざまなキャンペーン等を利用することでポイント還元率が数倍に上がり、お買い物時には大変重宝できます。他にも楽天スーパーポイントは2ポイント1マイルという高レートで交換することができ、ANAマイラーにとってもおすすめです。利用者数も非常に多くポピュラーなカードなので、ぜひ一枚持っておきたいカードの一つです。

主婦の味方イオンカードは、イオン系列のお店でお得に使うことができます。クレジットカードでの支払いをイオンカード一本にすると一年間である程度の金額になります。明確な基準は示されてはいませんが、一定の金額以上利用するとインビテーションが届き、申し込むとゴールドカードを手に入れることができます。イオンカードのゴールドカードは年会費も無料なので、インビテーションが来たら申し込んでおいて損はありません。イオンには、「イオンラウンジ」があることをご存知でしょうか?ここに入れるのは、株主やゴールドカード会員など一部の人だけです。トップバリュのコーヒーやジュース、おやつをいただくことができます。買い物で疲れたときなど、ラウンジでほっと一息できるのもメリットです。

現金主義からクレジットへ!

  • 投稿日:
  • by

結婚して、家計の財布を一元化するためにクレジットの家族カードを持ち始めました。今までは完全に現金主義で、クレジットカードを使うのは本当に手持ちがない場合ぐらいでした。しかしカードを持ってから、その快適さに驚いています。お財布が小銭でパンパンになってしまうこともないし、スーパーのレジでも今までの半分以下の時間で終わるようになりました。後ろの人に申し訳ないと思いながら1円を探すこともないし、手持ちの金額を気にせずにお買い物ができます。ただやはり「お金を使っている」という感覚が薄いので、気がつかないうちに浪費してしまう可能性があるなと感じています。便利ですが、倹約家の私にとっては慎重に使わなければならないものです。

1年位でクレジットカードを変えてみる

  • 投稿日:
  • by

自分がいいと思って発行したカードが、実際に全くいいものではなかったりすることもあります。クレジットカードを利用する場合は、とにかく使ってみてその良さを考えて、実際にいいものなのかを判断することです。もし使ってみて、あまり効果的では無いものだった場合は、クレジットカードを変更することを考えて、2年目以降は別のカードを使うことを検討してください。カード自体は、使わないようにしていれば問題はありませんが、新しいカードをしっかりと発行しなければなりません。カードの発行をしっかりやらないことには、クレジットカードの変更をすることができないことが多くなるので、先にカードを発行して、それから切り替えを進めておきます。

リクルートカードは節約の強い味方

  • 投稿日:
  • by

私は以前エポスカードをメインのクレジットカードとして使ってましたが、現在はリクルートカードを使っています。なぜかと言うと理由はいたってシンプルで、ポイント還元率が倍以上違うからです。具体的に申しますとエポスカードは0.5%ですが、リクルートカードは1.2%です。10万円の買い物をしたら、エポスカードは500円分のポイントが貯まりますが、リクルートカードの方は1200円分のポイントが貯まると言う事です。10万円もカードで買い物なんかしないよと言う方もいらっしゃるかもしれませんが塵も積もればで、例えば普段買い物をしているスーパーの支払いをクレジットカードに変えると10万円ぐらいすぐいきます。何も余計なものを買うわけではなく、今まで買っていた食費などの支払い方法を変えるだけで牛乳5本分ぐらい得するのですから、クレジットカードを持ってない方は絶対に作った方が良いと思います。中でもリクルートカードはトップクラスの還元率なのでオススメです。

クレジットカードの色

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードの色は、それこそ色々あります。デザインとしてのカラーではなく、グレードについてのカラーの話をします。一般的なクレジットカードは、色なしと言われています。本当に色がないわけではなく、定義上そう言われているだけです。一方、年会費が5000円とか10000円であり、空港のラウンジ等で特別なサービスが受けられるカードをゴールドカードといいます。実際、カードの色もゴールドです。ゴールドカードに関しては、年会費を払えば、誰でも所有することが可能です。しかし、それより上のカードがあります。それは、ブラックカードです。ブラックといえば、西欧では高級な色と知られており、そのためブラックの色になっています。このカードは、カード発行会社から打診があり、届くカードだそうです。年収や利用金額だけでなく、社会的ステータスも影響するようです。それよりも珍しいのが、プラチナ色をしたプラチナカードです。尚、ブラックカードやプラチナカードについては、秘密のベールに包まれており、選定基準や誰を選んだか等は、完全非公開となっています。

クレジットカードは二枚目を検討していたのですが、最近は提携のポイントカードや電子マネーサービスにチャージをするとポイントが貯まるというクレジットカードがあってそれが良いかなと思っています。自分がよく使うポイントカードに関してはセブンのnanacoやTポイントカードがありますが、それを考えると色々な選択があってクレジットカードも便利になったかなと思いました。そういった意味で気になっているのがYahoo!JapanカードがnanacoチャージでTポイントが貯まるというというのでかなりお得に感じました。Yahoo!でのショッピングも良く使うため便利ですし年会費無料ということで、こちらを最近申し込みをしました。

クレジットカードの申し込みを初めて行ったのはインターネットからです。手続きにかかった時間は30分ほどでしょうか。難しくはなかったです。手続きよりも、その前の段階の情報収集のほうに時間がかかってしまいました。申し込みをしてわかったことは、それなりに準備してから臨めば誰でも手続きできるということです。インターネット経由で最も危惧するところは個人情報の漏洩です。申し込みの際は、名前や住所以外にも入力しなければならないことがたくさんあります。万が一、変なサイトに誘導されて入力してしまったら一大事です。どのようなことに使われるのかわかったものではありません。このような不安を打ち消すのに、クレジットカード関係のブログは本当に役立ちます。手続きの流れだけでなく注意点まで細かく記してあるのです。

クレジットカードの付帯サービスについて

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードのなかには付帯サービスと呼ばれる特別な機能が付随しているものがあります。代表的なものは保険で、たとえば旅行傷害保険が付帯サービスとして付いているクレジットカードならば旅行先でトラブルに巻き込まれた場合に保証を受けることができます。ただし、実際に旅費などをカードを利用して支払った場合のみに保険が有効になる利用付帯サービスなのか、それともカードを持っているだけで自動的に保険が有効になる自動付帯サービスなのかはクレジットカードの種類やランクによって異なっています。国内旅行か海外旅行かで対応が変わるケースもありますので、旅行傷害保険に限らず付帯サービスについては事前にその範囲を正しく把握しておくことが必要でしょう。